きみと終活とわたし

「終活カウンセラー」のMr.Kuyouがお届けする終活・エンディングノートのブログです。

エンディングノートの書き方。実際に書いてみたら涙が出てきた話【コクヨエンディングノート】

スポンサーリンク

終活カウンセラーのMr.Kuyouです。

 

子どもが生まれてから、涙腺が弱くなってきて困っております。

テレビで「はじめてのおつかい」や「新婦から父への手紙」があるとウルっときてしまいます。

 

それでもまさか、エンディングノート(終活ノート)を書いてみて涙するとは思っていませんでした。

 

f:id:mr_kuyou:20170914022539j:plain

 

エンディングノートを書いてみようと思った理由

「終活」を始める方の多くが最初に取り組まれるのが、エンディングノート(終活ノート)を選び、書くことです。

 

私は終活カウンセラーの講習を受け、書き方や気を付けることを学びました。

また、エンディングノートを比較し、おすすめのエンディングノートを探しました。

 

しかし、本当に終活を始める方と同じ気持ちになるには、自分で書いてみることが大切ではないかと思ったのです。

 

終活ブロガーとして、体験をお届けするというテーマもあります。

 

「これは書くしかない!」

 

そんな気持ちで臨みました。

 

エンディングノートの書き方

  1. 書けるところから書く
  2. 今の時点での気持ちでいい(後から書き直していい)
  3. 空欄があってもいい

 

この3つを意識して書くといいと言われています。

 

書けるところから書く

1ページ目から順番に書いていく必要はありません。

最初から完璧を目指すと挫折してしまうのはなんでも同じです。

基本の情報や、もしものときの知り合いの連絡先、口座の番号など、簡単に書けるところから書いていくと、進んでいきます。

 

今の時点での気持ちでいい

元気な時と、体の調子が悪くなった時。

60代の時と、70代の時。

気持ちが変わっていいのです。

将来どう思うかは、あまり考えず、今の気持ちを素直に書きましょう。

 

空欄があってもいい

全てを埋めなくて大丈夫です。

残される立場からすれば、いくつかの項目があるだけでも助かるものです。

どうしても決められないことや、重要度が低いものは無理をして書く必要はありません。

 

「終活」や「エンディングノートの書き方」に正解はありません。

まずは、できるところから書いてみましょう!

 

実際に書いてみました

今回書いたのは、コクヨのエンディングノートです。 

f:id:mr_kuyou:20170914015718j:plain

 

一番人気のエンディングノートで、書きやすいことで有名です。

 

どんどん書けた項目

  • 自分の基本情報
  • 預貯金について
  • 金融資産、不動産、ローンについて
  • 保険、年金について
  • 家族一覧、親族一覧
  • 友人・知人一覧
  • 遺言書について(作成していないにチェック)
  • その他(ペット・WEbサイトなど)

 

上記の分はすらすら書けました。

特に資産もなく、住宅ローンがあるだけでしたので。

家族や親族も何人かに連絡がつけば、あとは連絡を回してくれると判断しました。

 

友人は自分が死んでしまったときに、どうしても来て欲しい友人というのは、思ったほど多くはなかったです。

仕事しているのに遠方から来てもらうのは悪いなぁと思いました。

 

書くのに時間がかかった項目

  • 介護について
  • 告知・延命処置について
  • 葬儀について
  • お墓について

 

介護について

施設にお世話になりたいと思いましたが、正直そんなお金はないだろうというところで迷いました。

認知症になったら、どうしたらいいんだろうと不安になりました。

迷惑はかけたくないけれど、迷惑をかけないくらいのお金が残せることはなさそうだと思い、暗い気持ちになりました。

 

告知・延命治療について

「告知して欲しい」

「延命よりも苦痛を少なくすることを重視して決めて欲しい」

の欄にチェックしました。

 

これは、今が健康だからそう思えるだけなのか?

と自問自答してしまいました。

 

葬儀について・お墓について

葬儀やお墓も、今の私の経済状況だと、一番安いものしか選べません。

 

終活やエンディングの仕事に関わって、いろいろな情報を知っているのに、一番安いものしか選べない自分を少し情けなく思いました。

 

仕事を頑張り、少しはましなものを選べるようになりたいです。

 

一番時間がかかった項目

最後の方にある、

 

「大切な人へのメッセージ」のページです。

 

そんなに行数があるわけでもないのですが、最初、全然書けませんでした。

 

恥ずかしいので何を書いたかは秘密ですが、妻には感謝の気持ちです。

 

日ごろ、ケンカをすることもありますが、もう少し優しくしなければと思いました。

普段の当たり前が、「死」というものを考えたとき、ありがたいことに感じられました。

 

涙がでてきたのは、二人の娘へのメッセージを書いたときです。

二人が大きくなって読んだときにどう思うかを考えると、何を書くのがいいか筆が進みませんでした。

最終的には書きました。

(内容は秘密です。)

 

エンディングノートは、ある意味「自分らしい最期を迎えるための準備」なのですが、強烈に「生きたい」と思いました。

 

「まだしてあげたいことが山ほどある!まだ死ねない! 」

 

自分が普段、「生」というものを意識することがなかったので、不思議な感情でした。

 

 

全て書くのにかかった時間は4時間でした。

 

まとめ

私は30代後半の年齢ですから、60代や70代の方にはあまり参考にならなかったかもしれません。

 

しかし、講習で勉強したように、

 

終活という活動が、

人生を見つめ直し、今後を自分らしく前向きに生きるための活動

 

ということが、実感できました。

 

当たり前のように仕事をできることや、家族といられることが幸せに感じられたのは確かです。

 

その反面、あまりの自分の金銭面での不安が浮き彫りになり、みじめな気持ちになったのも事実です。

 

こうしたいと思っても、現実的にはお金の面で選べないこともあるのです。

 

これを家族に選ばせるのは、苦労をかけるなと感じました。

自分で決断してあげるのがいいと本気で思いました。

 

今、エンディングノートが売れている理由が改めてわかりました。

 

「つらい決断を家族にさせない」

 

というところもエンディングノートを書く一つの理由になりそうです。

 

これは、書いてみないとわからないことでした。

 

人生って、ちょっと世知辛いですね。

それでも、頑張って生きていきましょう!

 

それでは。

 

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5 LES-E101

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5 LES-E101

 

 

【関連記事】 1.コクヨのおすすめエンディングノートをAmazonで購入。専門家がレビュー!【一番人気】
2.エンディングノートの選び方・書き方【おすすめ無料終活ノート紹介】