きみと終活とわたし

「終活カウンセラー」のMr.Kuyouがお届けする終活・エンディングノートのブログです。

一番安い納骨堂(永代供養)を発見。15,400円で送骨も可能

スポンサーリンク

終活カウンセラーのMr.Kuyouです。

 

日々、終活に関する情報が集まってきますが、今回の情報には驚きました。

なんと、13回忌までの供養後、合葬(合祀)される納骨堂が15,400円ということです。

 

一番安い納骨堂(永代供養付き)「涅槃堂」(ねはんどう)

納骨堂に安置する費用(金額)は格安の1万円

涅槃堂の永代供養の金額1万円のイメージ画像

 

永代供養の費用が1万円。

手数料が5,400円。

合わせて15,400円です。

 

納骨後の管理費用などは一切かからず、生前の予約も受け付けています。

 

私が知る限り、日本で一番安い納骨堂です。

 

納骨堂「涅槃堂」の写真

 

納骨堂の場所

永代供養される納骨堂「涅槃堂」の住所は、 

〒413-0231 静岡県伊東市富戸1164-7 「願行寺」

 

骨壺を送る「送骨」にも対応

遠方で遺骨(骨壺)を持ち込めない人には、郵送で送る「送骨」での対応も受け付けています。

東京では、お墓や納骨堂が高く、ご自宅に遺骨を置いたままの人がたくさんいるそうです。

そんな方でも受け付けてもらえます。

 

生前予約も可能

生前予約もできるので、夫婦で申し込みをされる方もいらっしゃるようです。

供養の費用を安くして、生きているうちにお金を使いたいということかもしれません。

 

毎月20体の遺骨が送られてくる

涅槃堂での永代供養は、2016年の10月から開始され毎月20体の遺骨(骨壺)が送られてくるそうです。

 

2017年2月現在で、既に270体の遺骨を永代供養されているとのこと。

 

送られてくる人で一番多いのは「お墓を買うお金がない」という理由だそうです。

 

格安永代供養をつくった住職の経歴と考え

願行寺住職の顔写真

願行寺住職 牛込覚心


■Profile
1986年、臨済宗妙心寺派医王寺で出家得度。1989年に自らの設計により、願行寺を建立。住職として以外にも、漫画原作者、小説家、建築家としても活動。

 

■代表著書
【小説】「リリーちゃんとお幸せに」/【漫画原作】「包丁人味平」「スーパーくいしん坊」/【仏教著書】「現代お墓革命」「葬式の探求」など

 

出典:願行寺ホームページ

 

住職はもともと、小説や漫画の原作を書かれていたようです。

 

誰しもが平等に、また一人でも多くの方に穏やかにお休みいただけるよう涅槃堂での供養を始めたとホームページには書かれていました。

 

願行寺涅槃堂のホームページ

www.ichiman-noukotsu.jp

▲願行寺「涅槃堂」の公式ホームページです。

 

詳しく知りたい方は、お寺のホームページをご覧になってください。

 

自宅の近くで格安の永代供養を探したい場合

安い永代供養を探しているけれど、やっぱり地元に近い方がいいという人も多いはずです。

 

そんなときは、終活の総合ブランド「よりそう」の資料請求をするといいでしょう。

よりそうのお葬式 」の資料請求をすると、総合パンフレットも同封されます。

 

全国20箇所以上の寺院の永代供養が選べる写真

永代供養の金額の写真

永代供養の詳細の写真


全国20箇所以上の寺院の永代供養から選ぶことができます。

かかる費用も35,000円と、普通と比べると非常に安いです。

年間の管理料も不要です。

 

こちらも直接寺院に持っていくこともできますし、送骨もできます。

 

気を付けないといけないのは合祀といって、他の人といっしょに収められることです。

 

格安の葬式と合わせても20万円以内

全国対応で、事前の無料資料請求も受け付けている「よりそうのお葬式」と合わせても、葬式と供養にかかる費用が20万円以内です。

 

「よりそうのお葬式」は、定額・追加料金なしの葬儀で、火葬式や家族葬ができ、大変人気です。

 

一番費用が抑えられるプランである「シンプルな直葬」は、事前資料請求をしていれば消費税込みで128,000円です。

 

しかも、終活に役立つエンディングノートも無料でついてくるので、多くの人が資料請求されています。

 

 

よりそうのお葬式のエンディングノート

 

事前に葬儀のことを知っておくことができ、製本されたきれいなエンディングノートも手に入るので人気です。

このブログからも毎日、資料請求がされています。

 

資料は外からでは葬式の資料とはわかりませんし、営業電話もないので安心です。

 

よりそうのお葬式(全国対応・定額・低価格)の公式ページはこちら

→「よりそうのお葬式

 

小さなお葬式 」も同じように永代供養の資料やエンディングノートも同封されるので人気です。

 

 

 今までは、葬式とお墓を合わせると100万円以上かかるのが普通でした。

 

それが、20万円以内でできるようになったのは、インターネットで全国に情報が届けられるようになったことと関係しているはずです。

 

「終活」にさまざまな選択肢があるのはいいこと

ときどき、骨壺を電車の網棚の上に置いていく人がいるというニュースを聞きます。

 

お金がなく骨壺の供養先を見つけられないまま、どうしようもなくなり置いていくのでしょう。

 

そんな人に届いて欲しい情報です。

 

供養は安ければ安いほどいいというものではありませんが、長引く不況や、それぞれの事情で、どうしてもお金がない人はいます。

 

そういった人でも、ご自身や大事な人を供養できる場所があるとわかれば救われることもあるのではないかと思います。

 

高齢化社会の日本。

今、健康で若い人も、将来は自分の問題になるかもしれません。

 

こういった情報が届きましたら、またこのブログで紹介します。

 

最近このブログでよく読まれているのは、葬式の生前見積の記事です。

www.shuukatsu.blog

 

よろしければお読みください。

 

それでは。

 

▼エンディングノートに関連する記事

www.shuukatsu.blog

 

▼エンディングノートのことをマンガにした記事

www.shuukatsu.blog