きみと終活とわたし

「終活カウンセラー」のMr.Kuyouがお届けする終活・エンディングノートのブログです。

【アクティブシニア】高齢者のチャレンジを紹介!【元気に終活】

スポンサーリンク

Mr.Kuyouです。

 

「終活」を題材にしているこのブログ。

「終活」は残される方のためにする活動と思われている方も多いですが、もう一つ、「自身が人生を見つめなおし、今後を自分らしく前向きに生きていくための活動」でもあります。

 

お年寄りが元気になれば、日本も元気に!

子育ても終わり、仕事も一区切りついた。

そんな人たちが活動的になってくれれば、日本はもっと元気になります。

 

今の60代の人は、昔の50代くらいの感覚だと思います。

 

生活のための仕事ではなく、

  • 自分がやってみたいこと
  • 世の中をよくするためのこと

 

をする絶好のチャンスとも言えます。

 

「今までやったことがないからできないのでは」と思わずに、「やってみたらおもしろいかも」という気持ちで、元気な高齢の方がチャレンジをしてくれれば、日本の景気も少しよくなるかもしれません。

 

新しいチャレンジをしている高齢者を紹介

若宮正子さん【Appleのティム・クックCEOに呼ばれたおばあちゃん】

f:id:mr_kuyou:20171207142348j:plain

▲出典:BUZZ FEED NEWS

 

若宮正子さんは、80歳を超えてからプログラム言語を学び、アプリをリリースされた方です。

その実績が評価され、アップルの開発者イベントに招待されたのです。

 

パソコンを使い始めたのも60歳を過ぎてから。

勤めていたのも銀行。

 

まったくの未経験でありながら、アプリを作った若宮さんのニュースに私も驚きました。

 

▼若宮さんについてもっと知りたい方はこちら

www.buzzfeed.com

www.oricon.co.jp

 

明日のために、心にたくさん木を育てましょう

明日のために、心にたくさん木を育てましょう

 

 

60歳を過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります。

60歳を過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります。

 

 

田渕俊夫さん【日本画家の大家が5年かけて薬師寺の仏画を】

f:id:mr_kuyou:20171207164123j:plain

▲出典:NHK「おはよう日本」

 

1300年前に創建され、世界遺産に登録されている「薬師寺」。

かつて僧侶が祈りをささげた場所である「食堂」(じきどう)が、2017年5月に再建されました。

 

その食堂の「阿弥陀如来浄土図」を描いたのが田渕俊夫さんです。

 

田渕さんは、日本画家として成功されているのですが、仏画は初めてだったそうです。

大御所なのに新しいことにチャレンジするって、とても勇気がいることだと思うんです。

 

しかも、制作期間が5年。

 

完全にお金ではないと思います。

表現者としての限界に70歳を超えて挑戦された姿に感動しました。

 

▼田渕さんのことをもっと知りたい方はこちら

www.nhk.or.jp

 

田渕俊夫画集 刻(とき)

田渕俊夫画集 刻(とき)

 

 

 出口治明さん【ライフネット生命創業者が、大学学長に】

f:id:mr_kuyou:20171207170746j:plain

▲出典:日経ビジネスオンライン

 

ライフネット生命の引き際もかっこいいと思っていましたが、その次のキャリアが大学の学長とは!

しかも、公募の他薦だったそうです。

 

 

立命館アジア太平洋大学(APU)と出口さんの組み合わせは、確かにワクワクします。

 

APUは大分県別府市にある、国際学生の割合が50%を超える国際的な大学で、先進的な教育をしていると評判です。

見学や取材に行った私の知り合いも口を揃えて「いいところだ」と言っていました。

 

出口さんの考え方はおもしろいですし、大分から何かが始まりそうな予感がします。

 

▼出口さんのことをもっと知りたい方はこちら

business.nikkeibp.co.jp

www.huffingtonpost.jp

 

人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)

人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)

 

 

人生今が一番若い

ほかの人と比べることは、そんなに意味がないことなのかもしれません。

明日の自分よりは、今日の自分の方が若いのです。

 

新しいことに挑戦するのに年齢は関係ありません。

60歳を超えてチャレンジャーだっていいのです。

 

何か人の役に立てることや、自分が心から楽しめることが待っているはずです。

 

少しでもやってみたいことがあれば、やってみましょう。

 

 

それでは。

 

▼関連記事

60代のライザップ【高齢者も結果にコミット】 - きみと終活とわたし