きみと終活とわたし

「終活カウンセラー」のMr.Kuyouがお届けする終活・エンディングノートのブログです。

コロナで終活関連企業も落ち込み。赤字の「はせがわ」ピンチだと思う。

景気、不景気にあまり関係ない業種だと思っていたんですが、今回ばかりはピンチです。

 

終活関連業界はピンチ

葬儀会社は直葬・家族葬が増え収益減

葬式にはたくさんの人が集まります。

今、家族が亡くなったとして、皆さん来てくださいって雰囲気ではないです。

 

あそこの家の葬式にいったらコロナウイルスに感染したなんでことになったらいけませんから。

 

親族だけの直葬や家族葬にしようとご遺族は思われるでしょう。

一般の葬儀と比べるとかなり利益は落ちます。

 

終活はそもそも元気だからできる

終活は、生前の元気なうちに自分が死ぬ前後のことを、いろいろ決めていきましょうということです。

そこに死の恐怖があるとき、終活しようなんて気にはなりません。

 

終活のメインターゲットは高齢者

高齢者の方々の動きはパタッと止まりました。

 

毎年、春のお彼岸の前後は、お墓や樹木葬を検討される方が多いのです。

 

ご先祖様のことを想い、いつかは自分にも順番がまわってくる。

子孫に迷惑をかけないように、自分のことは自分で考えようかなといった気持ちになります。

 

今年は、それどころではありません。

高齢者はコロナで外出自粛です。

 

「はせがわ」などの大きいところが危ないと思います

www.nikkei.com

 

コロナの影響が出る前から赤字です。

はせがわは、ここしばらく墓石事業や屋内墓苑事業が好調でした。

 

ところが、全国で墓石の需要が落ち込んでいます。

www.kamakura-net.co.jp

 

多くの人が樹木葬を選ぶようになってきました。

 

また、首都圏で人気だった自動搬送式などの屋内墓苑事業もライバルが増え、投資金額が莫大な割に収益がでにくくなっているようです。

(完売までの時間がかかるようになり広告費が増大。競合の関係で価格低下)

 

人件費や店舗の固定費が重くのしかかります。

 

同じお客様が繰り返し購入してくれる業界ではない

お墓やお仏壇は、同じお客様が購入してくれることは、ほぼないと考えていいです。

今までのお客様の満足度が高くてもリピーターになってくれることがない業界です。

(お葬式は別の方が亡くなったときにお願いされる)

 

また、霊園のように管理料収入があるわけではありません。

 

毎月毎月、売り続けなければならないのがお墓やお仏壇なのです。

 

 

私も途方に暮れています。

世のためになって、会社を守っていけるようなアイディアがないかと日々考えていますが 浮かんできません。

 

それでは。