きみと終活とわたし

「終活カウンセラー」のMr.Kuyouがお届けする終活・エンディングノートのブログです。

終活ブログを紹介

スポンサーリンク

終活カウンセラーのMr.Kuyouです。

 

本日は、終活に関連するブログを紹介します。

 

終活を始めようと思っている人。

終活に取り組んでいる人。

 

そんな人に読んでもらいたいブログです。

 

終活ブログを紹介

乳がん 終活始めました

ameblo.jp

 

先日、「終活ブログ」で検索したときにナンバーワンになりたいという記事を書きました。

現在のブログランキング以外での1位がこの「乳がん 終活始めました」です。

正直に言いますと、このブログが1位なら、そのままでもいい。

そんな気持ちも持っています。

 

たった2ヶ月間のブログですが、闘病生活のリアルがわかります。

家族への想い。

仕事への情熱。

きれいごとだけではない人間の感情。

 

私のブログは、終活をライトに考えて、

「元気なうちにできることを」

ということを基本のスタンスとしていますが、このブログを読むとこれが本当の終活なのかと感じます。

 

知識としての終活と、自分の死を間近にしての終活ではこんなにも違う。

 

リンクは1話目からです。

感情が揺さぶられますので、ご自身の精神状態が安定しているときにお読みください。

 

死体を愛する小娘社長の日記

however-down.hatenablog.com

 

私のブログ仲間であるネオフリ先生が、Twitterで話題にしていましたので、読みにいきました。

 

疾走感がすごいです。

 

私は「検索順位」を気にした記事を書いています。

それは、たくさん読まれるとそれがお金に繋がるからです。

娘たちよパパはがんばるぞ。

 

たまに、感情のままに書くこともありますが、ほとんどはマスに向かって書いています。

「書こうかな」と思ってやめたネタも一つや二つではありません。

 

ももはなさんの記事は、そのままドストレート!

 

医療関係者は逝去前、宗教者は逝去後から関わるけど
(希に臨床宗教師が逝去前から関わる事もある)
私達のみが逝去前から逝去後まで一貫して関わるからだ

 

自分の仕事に誇りを持っていて、自分の信念がある。

こんな人たちと最期に縁があればいいなと思います。

 

 

ずっと読んでいられますけれど、時間がない人のために私が読んで欲しい記事。

however-down.hatenablog.com

 

更新頻度もすごいですし、納棺師の仕事が垣間見えるし、感情や思考がでてるブログ。

 

なんとなくですけれど、人気ブログになりそうな予感を感じています。

 

 

普通は、こういうとき3つくらい紹介すると思うのですが、2つで終わります。

多分、2つでお腹いっぱいです。

 

たまには、検索を気にしない記事を書いたっていいでしょう。

 

それではまた。

 

▼当ブログのおすすめ記事はこちら

www.shuukatsu.blog