きみと終活とわたし

「終活カウンセラー」のMr.Kuyouがお届けする終活・エンディングノートのブログです。

【女性専用】10万円の永代供養共同墓「なでしこ」in埼玉

スポンサーリンク

Mr.Kuyouです。

 

女性専用の永代供養が埼玉にあるという情報をキャッチしました。

私も永代供養の仕事に携わっていますので、調べてみました。

 

▼NPO法人スノードロップが運営している、女性専用の共同墓「なでしこ」

www.snowdrop-npo.com

 

すばらしいっf:id:mr_kuyou:20170623011657p:plainf:id:mr_kuyou:20170623011657p:plain

 

差別化が図られています。

 

普通に考えれば、女性限定にしてしまうと人口の半分が対象から外れてしまいますので、そんなことはしないはず。

 

しかし、女性限定にすることで、通常のお墓よりずっと素敵なデザインになっていますし、ほかのところがやっていませんから、需要があるのかも。

 

「嫁姑問題で、代々の墓に入りたくない」

「お友達といっしょのお墓に入りたい」

 

といった声は、最近ちらほらお聞きしますからね。

 

 

それでは、いろいろ調べてみた結果を、「終活カウンセラー」で「お墓ディレクター」の私が、ご報告します。

①「そこで安らかに眠りたい」、「そこにお参りに行きたい」と思わせるデザイン

「なでしこ」のガラスのモニュメントは野口真理さんというグラスアーティストの方が制作されています。すごい経歴の方ですね。

www.mari-and-bird.jp

f:id:mr_kuyou:20170623144723j:plain

本当にきれいです。御影石の蓋や芝生とのバランスもいいです。

女性専用と決めたことで、男性受けを狙わないでよくなり、他にはないデザインに!!

 

②代表の方やスタッフの方が顔出し・フルネーム 

「自分たちのしていることが社会の問題解決になっている」と堂々とされているように見えます。

ホームページに実名で写真を載せているからには下手な仕事はできません。

公開されているお客様の声(お寄せいただいた声)も、自筆のものが多く、評価も高いのはスタッフの方の接遇もいいのでしょう。

設備や立地ばかりに目がいくことが多いですが、実際に運営するのは人です。

とても大事なポイントです。

 

③金額が安い 約10万円

金額が安いだけの永代供養はたくさんありますが、そういったところは値段相応といった感じで、ホームページがなかったり、写真を掲載していないところも多いです。

共同墓の建立にしっかりとお金をかけているのにも関わらず安いというのがポイントです。生前予約の費用が5,000円というのも良心的です。

 

また、どうしてもお骨を持っていけない方のために、お骨を送る「送骨」にも対応してもらえるようです。

 

ひとつだけ気をつけること

共同墓にはいろいろな埋葬方法がありますが、「なでしこ」は合祀(合葬)といわれる方法で、さらしの袋にお骨を入れて、地下の埋葬スペースに他の人といっしょに安置するものだと思われます。

この方法は、あとからお骨を取り出すことができない場合が多く、問題が起こることもあります。

親戚関係としっかり話をすることは特に大事です。

また、子どもたちに迷惑をかけたくないと、管理料のかからない永代供養を検討する方が増えてきていますが、子どもたちは特にそれを望んでいないというケースも見られます。

 

ひとつだけ気を付けること。それは、

一人で決めないで、相談することです。

相談する人がいない人は熟慮することです。

 

骨壺のまま安置できるところは、お金でどうにか解決できますが、合祀の場合は取り返しがつきません。私は、何人か後悔した人を知っています。

 

まとめ

総合的に見て、「なでしこ」はとてもおすすめの永代供養です。

コンセプトがはっきりしており、値段も安く、運営もしっかりされている印象です。

関東圏(東京,神奈川,千葉,茨城,群馬,栃木,山梨)の女性で、永代供養を検討されている方は見学されてみたらいかがでしょうか?

 

 

おまけ

生前予約している人の中には、旦那さんには内緒で契約している方もいらっしゃるとのこと。

男性でこの記事を読まれている方、奥様をもっと大事にしましょう。

奥様だけに終活させると、いっしょのお墓に入ってもらえないかもしれませんよ。

 

▼人気記事

www.shuukatsu.blog

 

www.shuukatsu.blog