きみと終活とわたし

「終活カウンセラー」のMr.Kuyouがお届けする終活・エンディングノートのブログです。

ガイアの夜明けで紹介された寺院と自宅葬儀社【後悔しない供養】

スポンサーリンク

2018年2月6日の22時から、テレビ東京系列「ガイアの夜明け」で、「後悔しない供養」と題して、現代のお墓事情や、多様化する供養の形について放送されました。

 

ガイアの夜明けでも供養が取り上げられる

f:id:mr_kuyou:20180206130120j:plain

▲出典:テレビ東京

 

以前にも、テレビ朝日の「しくじり先生」や「テレビタックル」でも終活についての放送がありました。

 

www.shuukatsu.blog

www.shuukatsu.blog

 

テレビでこのような放送がある度にこのブログのアクセス数も伸びますし、過去にあった放送でも検索して読みにきてくれる人もいます。

 

ガイアの夜明け「後悔しない供養」の放送内容

 いま、東京都内の「お墓」の平均価格は、200万円を超えるという。資金的な問題で墓を買うことができず、手元にある遺骨の扱いに悩むことも...。

  そういったケースは、首都圏のおよそ100万世帯でみられるともいわれている。 一方、これまでの「お墓」のほかに、マンションのような区画に分かれたきらびやかな施設のなかに遺骨を納めたり、遺骨を宇宙へ打ち上げて散骨する「宇宙葬」といった新しいケースも登場。

 いまや供養の形は急速に多様化している。故人をどう見送るか、残された家族の選択肢が広がるなか、身内を亡くした人たちのなかで、「葬式で弔いきれなかった」と後悔している割合は45%に上るという。およそ半数の人が、納得する供養ができていない、と考え、悩んでいる実態が浮かび上がる。

  すっかり様変わりした「お墓事情」。今の時代、"供養の形"はどうあるべきなのか...。旅立つ人、残された人、それぞれにふさわしい供養を見出そうと挑戦する人たちを追い、考える。  出典:ガイアの夜明けホームページ

 

実際に東京近辺でお墓を建てようと思うと200万円以上かかります。

 

その金額の高さからか、首都圏では自宅に遺骨を安置したままにしている世帯が100万件以上あるそうです。

 

地方に残ったお墓は無縁墓になることもあり、石材店の店主によると、この5年間で「墓じまい」の数は3倍になったとのこと。

 

そんな中、紹介されていたお寺があります。

 

ガイアの夜明けで紹介されたお寺「佛心寺」東京布教所

busshinji.net

 

住所:〒171ー0032 東京都豊島区雑司が谷3丁目7-1 1F
TEL:03-5985-6011

FAX:03-5985-6012

法事ダイヤル:03-6914-0255

 

浄土真宗のお寺で、本坊は滋賀県にあります。

住職の新田崇信さんの精力的な活動が紹介されていました。

 

年に一度、お寺の檀家や門徒にはなっていないけれど、故人を供養したいという人のために非常に安い金額で「合同供養」を行っています。

 

また、費用が高額で遺骨の埋葬先に困っている人を助けていらっしゃいました。

 

ガイアの夜明けで紹介された「鎌倉自宅葬儀社」

自宅で故人を見送りたいという人にニーズに応えている葬儀社も紹介されていました。

kamakura-jitakusou.com

 

取締役の馬場翔一郎さんが担当し、息子さん(お客様)の話を聞きながら入念に打ち合わせをし、お母様のために心のこもった自宅葬を作り上げていく姿には胸を打たれました。

 

弔問された方に、お母様が得意だったハヤシライスをふるまい、祭壇はお母様の故郷や親族のことまで考えたものでした。

 

葬儀の後しばらくして、お母さんのために介護離職していた息子さんは新しい生活一歩を踏み出そうとされています。

 

今では珍しい「自宅葬儀」が再び注目を集めるかもしれません。

 

放送を観ての感想

本当に、供養の形が広がっていることを感じました。

 

以前からご紹介している「手元供養と合葬式のお墓」との組み合わせが紹介されていました。

www.shuukatsu.blog

 

合葬式のお墓は費用が5万円前後と安いけれど、他の知らない人といっしょに入らないといけないことと、2度と遺骨を取りだすことができません。

 

遺骨の一部を手元供養に分骨することで、費用は安くても故人をそばに感じることができます。

 

 

今までは、檀家や門徒にならなければお経をあげてもらうことができませんでしたが、仏教会でも新しい動きが始まっています。

 

「合同供養」でその時だけのお布施でお経を読んでもらえます。

 

 

葬儀も、故人の想いや残された家族の「故人を偲びたい」という気持ちにここまで寄り添う会社があるのかと感じました。

 

 

「終活カウンセラー」・「お墓ディレクター」という業界に携わるものとして、本来の供養ということについて改めて考えさせられる放送内容でした。

 

全国に、費用は安くとも、しっかりとした供養をしてあげたいという宗教者や葬儀社はまだまだたくさんあります。

 

少しでも、そんな人たちをこのブログで紹介していきたいと思っております。

 

それでは。

 

▼関連する記事

www.shuukatsu.blog

 

www.shuukatsu.blog

 

www.shuukatsu.blog

 

▼人気記事

www.shuukatsu.blog