きみと終活とわたし

「終活カウンセラー」のMr.Kuyouがお届けする終活・エンディングノートのブログです。

葬式やお墓の費用を安くしたい人に伝えたいこと

スポンサーリンク

終活カウンセラーでお墓ディレクターのMr.Kuyouです。

 

前回は、「富裕層の終活」の一部分をご紹介しましたが、不景気の今、終活にお金をかけられる方ばかりではありません。

 

また、どうせお金を使うなら「終活」より「海外旅行」に使う方がいいという方もいらっしゃるのでは?

 

そこで今回は、葬式やお墓(供養)にお金をかけたくない人のための情報をお伝えします。

 

葬式やお墓の費用を安くするには?

費用をかけない(安い)葬式

葬式の平均費用は、調べた方法や調べた年によっても違いますが、120万円から200万円といわれています。

 

現代人の感覚からすると少し高いと感じるのでは?

終活の仕事に関わっている私も高いと感じます。

 

火葬式(直葬)を検討する 

費用をかけない(安い)葬式の代表としては、火葬式(直葬)があります。

火葬場で簡単な儀式をしてしまいます。

 

小さなお葬式 」の火葬式は事前の資料請求をしていれば、188,000円(税込)と10分の1の費用です。

 

「早割」を利用すれば、さらに安くなります。

▼小さなお葬式の「早割」について書いた記事はこちら

葬式のネット予約!小さなお葬式「早割」の申込方法を写真付きで - きみと終活とわたし

 

▼葬儀実績10万件突破!資料請求でエンディングノートももらえる「小さなお葬式」公式ページに

 

詳しく知りたい方は、私が「小さなお葬式」資料請求をして届いた資料をもとに書いた記事がありますのでお読みください。

www.shuukatsu.blog

 

費用をかけない(安い)お墓

霊園や寺院に永代使用料を支払い、子孫累々と継いでいくお墓の平均費用は約180万円です。(土地代、墓石代含む)

 

葬式も一般的なものにして、お墓まで建てると合計で300万円を超します。

改めて、驚きます。

 

土地が関係すると費用が高くなるのは仕方がないことなのかもしれません。

 

散骨や合葬式墓地を検討する 

そうなると選択肢は「散骨」が「合祀(合葬)」になります。

 

「散骨」は法律を守りながら行うことが重要です。

たくさんの方と共同で埋葬される「合祀」は一度納めてしまうと、二度と返ってきません。

 

散骨(委託式)も合祀も5万円くらいでできるところが増えています。

小さなお葬式 」や「イオンのお葬式」から探せば、全国の永代供養(合祀)を探すことができます。

 

あまり大きい声では言えませんが、世の中には心優しい住職がたくさんいます。

本当にお金に困っていて、どうしても供養がしたいということであれば、いくつかのお寺を回ってみると、合祀の相談にのってくれるお寺もあるかもしれません。

 

おそらく日本で一番安い納骨堂の記事も書いています。

www.shuukatsu.blog

こちらは「送骨」での対応もしています。

 

散骨や合葬、永代供養について詳しく知りたい方は関連の記事をお読みください。

www.shuukatsu.blog

www.shuukatsu.blog

 

www.shuukatsu.blog

www.shuukatsu.blog

 

お仏壇ではなく手元供養にして費用をかけない(安くする)

仏壇にかかる平均費用はいくらくらいでしょうか?

これもいろいろな調査結果がありますが、知り合いの仏具店の社長さんに聞いた話ですと、最近は仏間もないので20万円くらいの現代仏壇の売れ行きがいいということです。

 

手元供養であれば、5万円もあれば、それなりのものが購入できます。

 

www.shuukatsu.blog

 

www.shuukatsu.blog

 

\\ 現代仏壇・手元供養を安く買うなら //

 

 

葬式やお墓の金額を安くするための心構え

自分で書いておきながら、従来の終活にかかる金額の高さに驚きました。

 

終活に関する仕事に携わっていても、高額で無理かもしれないと感じるくらいです。

 

年々平均寿命は伸びています。

生きているうちに必要になるお金はいくらあっても安心できないでしょう。

 

年金も期待はできません。

 

先祖供養は大事だと思っても、お金はかけられないという流れがそこまで来ているのを感じます。

 

費用をかけずに安心できる供養の在り方を増やしていくのが、私たち終活の仕事に携わっている者の使命かもしれません。

 

終活の仕事に携わるものとして、一つ確かに言えることは、生前にご自身で準備をされる方がずっと費用は安くなるということです。

 

少し手間がかかっても、資料請求をしたり、見学に行かれた人が得をするようになっています。

いざというときに慌てると業者に勧められるままになってしまう可能性が高いです。

 

納骨先の候補や、葬儀の資料請求や見学。

エンディングノートの記入。

できることはたくさんあります。

 

労を惜しまず、情報を集めれば、費用が安くても安心できる葬式やお墓を準備できるのではないでしょうか?

 

 

本日は『葬式やお墓の費用を安くしたい方に』というテーマの記事でした。

 

それでは。

 

 

▼残された家族が困らないように、エンディングノートに記しておくことは大事です。

www.shuukatsu.blog

 

【関連記事】 葬式は生前に自分で見積しないと数十万円の損