きみと終活とわたし

「終活カウンセラー」のMr.Kuyouがお届けする終活・エンディングノートのブログです。

小さなお葬式の口コミ・評判【実際の資料とともに】

スポンサーリンク

終活カウンセラーのMr.Kuyouです。

 

私の母のために資料請求した小さなお葬式 」の資料が届きましたので、レビューします。

 

口コミ・評判がいい「小さなお葬式」の充実した資料を並べている写真

「小さなお葬式」とは?

当ブログでも何度か取り上げていますが、「低価格で定価格の葬儀」をしている会社です。

24時間365日、全国対応で、葬儀実績の累計が10万件を突破した、おそらく日本で一番明瞭な価格設定をしている会社ではないでしょうか。

 

「小さなお葬式」の口コミ・評判は?

終活カウンセラーとして、実際に葬儀をされた方の話を聞くと、

 

「とても丁寧にしてもらった」

「価格が明示されていて安心だった」

「追加料金が本当になかった」

 

と、とても評判がいいです。

 

また、実際に葬儀を行う葬儀会社の社長さんや社員さんにも質問をしたことがあるのですが、

 

「自社の葬儀と、小さなお葬式で、スタッフの対応が変わることはない

 

とハッキリ言われていたのが印象的でした。

 

※「小さなお葬式」は、自社で葬儀会場や葬儀スタッフを持っているわけではありません。提携している葬儀社が葬儀を行います。

 

実際に小さなお葬式で葬儀をされた方の体験談

佐藤さん(仮名)は、東京で暮らしているサラリーマンでした。

十数年前に地方都市の故郷でお父様が亡くなられたときは、親戚やお母様が中心となり葬儀を行われたそうです。

 

その後お母様は一人で暮らしていました。

高齢のお母様は親戚も少なく、ご友人も亡くなっているか施設に入っています。

お母様にもしものときがあったときは、自分が喪主になることになるので、事前に葬儀会社を調べ「小さなお葬式 」の家族葬がいいと思い資料請求をされたそうです。

 

そして、お母様が亡くなられました。

 

事前に複数の葬儀会場の資料があったことと、流れがわかっていたこと。

なによりも葬儀にかかる費用がわかっていて、追加料金もなかったことが助かったとお話しされていました。

 

費用が明瞭で安心できることで、通夜・葬儀で心配することなく、お母様とのお別れの時間をゆっくり有意義にとることができて本当によかったと教えてくれました。

 

事前に準備をしておくことは、葬儀を「お別れの儀式」とするためにも重要なのだと思わせてくれた話です。

 

母のところに到着した「小さなお葬式」の資料を開封し読み込む

葬式の資料とはわからない封筒で届く

社名しか書いていない封筒の写真

場合によっては、家族に葬式の資料請求をしていることを知られたくない人もいらっしゃるでしょう。

小さなお葬式 」を運営している株式会社ユニクエスト・オンラインの名前で届きます。

 

各葬儀プランのお見積り

葬儀プランごとの見積もりの表紙の写真

 

各葬儀プランの見積書が入っています。

 

各プランの葬儀費用の写真

 

各葬儀プランの費用

葬儀費用は、葬式に必要なものを全て含んでの金額です。

返礼品・読経・戒名の費用は除きますが、読経や戒名の金額も定額で非常に安いです。

 

「小さな火葬式」の総額 : 188,000円(税込)

「小さな一日葬」の総額 : 338,000円(税込)

「小さな家族葬」の総額 : 448,000円(税込)

100名までの葬儀(一般的な葬儀) : 638,000円(税込み)

 

お近くの葬儀場の案内 

近くの葬儀場の表紙の写真

 

近くの葬儀会場の資料が15枚も入っていました。

 

一枚ごとに

  • 住所
  • 地図
  • 駅からの距離
  • 駐車場台数
  • 葬儀会場の雰囲気がわかる写真

があり、知っている会場ばかりでした。

 

金額が安いから、安い会場ということではありません。

普通に地域の皆さんが使用している会場がそのまま「小さなお葬式 」の葬儀で使用できるのです。

 

小さなお葬式のパンフレット

総合パンフレットの表紙の写真

葬式にかかる一般的な費用を説明した写真

葬式の流れがわかるページの写真

 

パンフレットには、代表取締役の重野さんの「適正価格で追加料金のない葬儀」をスタートさせた想いや、四十九日法要までの流れ、自分に合う葬儀プランの選び方、各葬儀プランの流れ、ご遺体の安置方法、お支払い方法などが記載されています。

 

さすがは実績が10万件を超えた葬式の資料。

 

とてもわかりやすく、例え「小さなお葬式 」での葬儀を考えていなくても葬式の知識を深めるために資料請求してもいいくらいだと感じました。

 

「早割り」や割引カード

「早割」と割引カードの写真

早割のキャンペーンチラシの写真

500円払っておくだけで、葬式の大幅な割引が受けられる「早割」は終活業界でも話題になりました。

 

ご家族の葬儀を心配されている方や、ご自身の葬儀の際、家族に負担をかけたくないという方の申し込みが多く、今までに5万件以上の申し込みがあります。

 

事前に葬儀の費用を支払うわけでもなく、もしものときに必ず「小さなお葬式 」を使わなくてはいけないわけではありません。

 

たった500円で最大66,000円の割り引きですから、資料請求された多くの方が申し込んでいると思われます。

 

旅行や交通機関などと一緒で、何事も早めに準備をしておくと安くなります。

 

※2018年2月末までは、早割の無料キャンペーンが開催されています。

 

葬式の生前契約プラン

生前契約プランの写真

 

「お一人様」といった言葉があるように、家族がいらっしゃる方ばかりではありません。

生きているうちに、葬式から納骨までを事前に契約できる「生前契約プラン」もあります。

 

エンディングノート

エンディングノートの写真

 

有料で売っているものと遜色ないエンディングノートがついてきます。

 

「終活」の基本は、生前に自分の葬式のことを考えることと、エンディングノートを記入することです。

 

その二つが、一回の資料請求でできてしまうことになります。

 

その他の資料

永代供養のチラシの写真

 

定額で永代供養ができる寺院の紹介や、樹木葬や散骨・手元供養などの情報が載っている資料、資料をまとめて整理しておくためのクリアファイルなども同封されていました。

 

終活カウンセラーとしての感想

数年前に仕事の関係で資料を見たときよりも、大幅に内容がよくなっている印象でした。

 

葬式というと、なんとなく業者が提示してくる金額で決まるというようなイメージだったのが、「小さなお葬式 」が業界の常識を変えていっている気がします。

 

資料請求をするには

▲こちらのバナーをクリックすると「公式ページ」です。

 

パソコンからの場合は、右側中段(画像の赤丸)のところから資料請求できます。

PCからの資料請求の説明写真

 

スマホの場合は、ページ中ほどの「無料資料請求はこちら 5,000円割引券プレゼント!」と書いているバナーをクリックします。 

スマホからの資料請求の説明写真

 

 

終活カウンセラーという仕事柄、葬儀の仕事をしている方との関わりや、実際に終活をされているお客様の話を聞いています。

 

小さなお葬式 」の口コミや評判は、とてもいいものでしたが、実際に届いた資料を読み込んでみると、その理由がわかりました。

 

資料請求にかかる時間は3分ほどですので、興味を持たれた方はされてみてはいかがでしょうか?

 

それでは。

 

▼関連記事

www.shuukatsu.blog