きみと終活とわたし

「終活カウンセラー」のMr.Kuyouがお届けする終活・エンディングノートのブログです。

選挙結果と終末医療費とリビングウィル

Mr.Kuyouです。 いつもは「終活」という重いテーマですので、情報をお届けし読んでくださった方の選択肢が広がればいいなというスタンスですが、今回は少し思うところがありまして自分の意見を書かせて頂きます。 今回の選挙 税金の使い方が争点になるかなと…

「ボツイチ」や「死後離婚」という言葉。

Mr.Kuyouです。 秋ですね。 若かりし頃は、この季節にどうしようもなく寂しい気持ちになってしまうことがありましたが、家族ができてからは久しくそういう気持ちにはなっていません。 さて、「終活」の仕事をしていると、マスコミの言葉が気になるときがあり…

「終活川柳」結果発表っ!!!

Mr.Kuyouです。 「終活川柳」結果発表 「終活」について考えるきっかけになればという気持ちと、このブログ「きみと終活とわたし」が今後も盛り上がればという想いで企画した「終活川柳」でしたが、思いのほかハードルが高かったようです。 自分でも考えてみ…

「お坊さん便」の口コミ・評判と実際【専門家が解説】

「お坊さん便」の口コミ・評判についてお墓・終活の専門家が、実際のお客様の声と、派遣されている住職の両方の声を聞きました。 全国対応でほとんど全ての宗派に対応している「お坊さん便」について詳しく解説します。

葬式やお墓に費用をかけたくない方に【お金がなくても終活はできる】

終活カウンセラーのMr.Kuyouです。 前回は、「富裕層の終活」の一部分をご紹介しましたが、不景気の今、終活にお金をかけられる方ばかりではありません。 また、どうせお金を使うなら「終活」より「海外旅行」に使う方がいいという方もいらっしゃるのでは? …

富裕層の終活と金のおりん

Mr.Kuyouです。 終活の項目の中には「相続」も含まれます。 普通の方には、相続というと縁遠い気がされると思いますが、一般家庭でも相続で頭を悩ませることは多いです。 一般家庭でも悩む相続。 資産を多く持っている富裕層なら、なおさらです。 今日は、私…

芸能人の終活

Mr.Kuyouです。 最近、よく芸能人の終活が取り上げられるようになりました。 芸能人が終活をしていると、「私もやったほうがいいのかしら」と思う人が増えそうですので、終活ブロガーとしてはありがたいことです。 そこで今日は、芸能人の皆さんがどんな終活…

【応募終了】「終活川柳」募集します。

Mr.Kuyouです。 このブログもおかげさまで4ヶ月目を迎え、たくさんの方に読まれるようになりました。 日頃の感謝の気持ちと、終活について考えるきっかけになればと思い、「終活川柳」を募集し、大賞を受賞された方1名にAmazonギフト券5,000円(e-mailでコー…

「生前整理」が「遺品整理」になる前に。【終活カウンセラーが解説】

「生前整理」と「遺品整理」。言葉は似ていますが、実情は全く違ってきます。 終活の専門家である筆者が、遺品整理になる前に生前整理をした方がいい理由と、生前整理のおすすめサイトを紹介します。

終活って、いつから始めるのがいいの?

Mr.Kuyouです。 供養業界で働いています。 供養方法の多様化が進む中、迷われている方や、困っている方が増えているのを感じています。 「終活カウンセラー」として仕事をする中で、よく質問されることがあります。 「終活って何歳から始めたらいいの?」 …

永代供養とは?永代供養のメリット・デメリット【お墓ディレクターが解説】

最近、「永代供養」という言葉をよく聞きませんか? なんとなく、永代に供養するということはわかると思うのですが、実際のところはどういうものなのでしょうか。 本日は、「終活カウンセラー」で「お墓ディレクター」の専門家の筆者が「永代供養」について…

寿陵(じゅりょう)とは?寿陵のメリット・デメリット

寿陵(じゅりょう)とは? 寿陵とは生前に立てるお墓のことを言います。 生前にお墓を建てることは、「死ぬ準備をしているようだ」と嫌われる方もいらっしゃいます。 しかし、古来の中国で寿陵は、「長寿」・「子孫繁栄」・「家内円満」の3つの果報をもたら…

エンディングノートの選び方・書き方【おすすめ無料終活ノート紹介】

エンディングノート(終活ノート)の選び方や書き方を、終活の専門家である終活カウンセラーの筆者が紹介します。 無料の人気エンディングノートも案内。 エンディングノートに、介護、延命治療、葬儀、埋葬方法、財産についてを書き残すことで、家族・親族…

「私の骨は海に撒いて」という女性(妻・母)【海洋散骨】

終活カウンセラーのMr.Kuyouです。 終活でお墓選び、つまりは埋葬先を選ぶ際、夫(男性)はお墓や納骨堂で検討されることが多いのに対し、妻(女性)は散骨を検討する割合が多いのです。 これは、なぜなのでしょう? 女性が散骨を希望する理由 妻が「私の骨…